根管治療

nenocare
むし歯が進行して菌が神経にまで及んでしまった歯をそのまま放置しておくと、
最終的には抜歯をするしかなくなってしまいます。
しかし、患者さんの歯の状況によっては、抜歯をせず、自分の歯を残せるケースも数多くございます。

そんな時に行うのが、「根管治療」と呼ばれる治療です。
この治療をきちんと行えば、抜歯をせずに、むし歯に侵されてしまった歯を助けることができます。

歯の治療において、抜歯は最終的な手段です。

「むし歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

こういった歯の悩みをお持ちの方、ぜひ、みどりの森デンタルクリニック高座渋谷にご相談ください。

根管治療の具体的な治療内容

むし歯が神経にまで及んで炎症が起きてしまった場合には、その神経を除去して根管内を洗浄する必要があります。そのために行なうのが根管治療です。
ただし「歯が痛い=神経を抜く必要がある」ということではありません。
例えば、初期のむし歯なら、歯を削って詰め物を入れれば症状が改善されます。
この点に関しましては、
初診時に念入りな検査を行なった上で、患者さんに合った治療法をしっかりご説明してからの治療になりますので、ご安心ください。

根管治療の具体的な治療内容としては、
歯の神経が入っていた部分(根管)を、専用の器具を使って丁寧に洗浄した後、薬を詰めてから被せ物を装着します。この際、むし歯を完全に取りきらないと再発の恐れがあるため、根管治療には綿密な歯科技術が必要とされます。
もちろん治療前にはしっかり麻酔を効かせた上で処理を行いますので、痛みはほとんどありません。

治療の手順や通院期間は、
患者さんの歯の状態によって異なりますが、大きな流れとしては以下となります。

治療の流れ

unnamed-3(1)唾液の浸入や細菌の感染を防ぐためにラバーダムをします。
  ※ラテックス(ゴム)アレルギーの方は、お伝えください。
(2)根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴をあける
(3)リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
  ※この際、必要があれば、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします。
  ※治療前にはしっかり麻酔を効かせた上で処理を行いますので、痛みはほとんどありません。
(4)根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮め、ばい菌が入らないように根管を封鎖する
(5)根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける


マイクロスコープ(顕微鏡)を使った根管治療

IMG_9002根管治療を成功させるために必要なのはミクロン単位の高度な歯科技術

歯の構造はとても複雑で、人間の視力や手指の感覚だけで完璧に治療することは不可能です。このようなときに使用するのが、マイクロスコープです。これを用いることにより、今まで発見できなかった微少な患部の判別も容易になっております。

最先端医療を目指す当院では、このマイクロスコープをいち早く導入するとともに、操作方法はもちろんのこと、細かな歯の処理方法など、院内で充分なトレーニングを積んでいおります。顕微鏡歯科治療のメリットのひとつとして、従来の治療では「保存できない、取らないといけない」といわれた歯を保存し、機能回復(痛くなく、噛めるように)できる可能性が飛躍的に上がることです。

当院では、マイクロスコープ根管治療の認定医や非常勤専門医が在籍しております。
「もう抜歯になるかもしれない」と、あきらめる前にぜひ診断を受けてみてください。
※マイクロスコープによる治療は、保険適用外となります。

>>マイクロスコープについて詳細はこちら

ページ上部へ戻る