歯周病予防

8
厚生労働省の調査によると「日本人の成人の約8割が歯周病に感染している」という報告がされており、今や、歯周病は国民病のひとつと言っても過言ではないでしょう。

この歯周病は、症状を感じにくく、静かに進行していく病気です。
そのため、自覚症状が現れるころには、歯の周りの大部分の組織が細菌によって破壊されていて手遅れになってしまうケースがほとんどです。

この歯周病の主要な原因は、細菌です。
細菌によって歯肉が炎症を起こし、それが歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨までが細菌によって溶かされ、歯を支えきれなくなってきてしまうのです。

つまり、治療をせずに放置しておくと、最終的に大切な歯を失ってしまう事態になりかねません。そのような事態に陥ってしまう前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守りましょう。

全ての治療は歯周病を治してから

みどりの森デンタルクリニックでは、初診時に必ず、歯周病の検査を行なっております。
歯周病を併発しているむし歯について、必要な応急処置はすぐに施しますが、
人工歯や詰め物を入れるといった処置は、歯周病が完治した後に行ないます。

これは、歯周病を放置したまま、むし歯の治療だけを行なっても、歯周病が進行すれば、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうためです。

歯周病と様々な全身の病気の関連性

また、歯周病は、様々な全身の病気とも深い関わり合いがあることがわかってきました。
歯周病の細菌が口から血管に入り全身に広がることによる影響は、
糖尿病や心臓血管疾患、肺炎、さらには早産とも関連があると言われています。
全身の健康のためにも歯周病を放置せず、しっかり治しましょう。

歯周病の治療メニュー

①歯周基本治療

yjimage-9プラークが付きにくい状態にするため、歯根の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石は一度除去しても、しばらくすると再形成されてしまうため、
歯科医院での定期的なケアが必要です。


②歯肉切除

yjimage-10歯肉が腫れあがっている場合、さらなる悪化を防ぐため、不要な部分を切除し、縫合します。
こちらは比較的短時間で行なうことができる簡単な手術でとなります。


③歯周ポケット搔爬(そうは)術

yjimage-11歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。
歯周ポケットを浅くすることで、プラークが溜まりにくい環境を作る方法となりますので、
比較的軽症の場合に行ないます。


④フラップ法

unnamed-2治っていない場所の歯ぐきを部分麻酔し、その後に剥離(切って開く)し、スケーラーの届かなかった部分の歯石や根の表面の汚れを取り除きます。取り除いた後は開いた歯ぐきをきちんと縫合します。糸を抜くのは1週間後になります。手術後は痛み止めや化膿止めをしっかり飲みます。


⑤歯周組織再生療法

unnamed-1今までは、重度の歯周病になると「抜歯して入れ歯に」というのが一般的でした。とはいえ、誰でも歯は抜きたくないもの。そこで当院では、歯周病で失われてしまった骨を再生させる「再生治療」という方法を応用し、非常に良好な結果を得ています。これは、歯周病に侵された死守ポケット内の汚れや細菌を取り除いた後、エムドゲインゲルを注入し歯周組織を再生させる治療法です。※エムドゲインゲルは、スウェーデンで開発されたたんぱく質の一種で、現在世界に普及し、感染症の心配がなく安全で治療効果が高いとされています。*エムドゲインを用いた歯周外科治療は保険外です。


ページ上部へ戻る