虫歯治療

header_mushibachiryo0119

できるだけ痛くない、削らない治療

mushibachiryo_01

 

多くの方は、虫歯などで歯に痛みを感じてから、歯医者さんに行くかどうか考えられる方がほとんどかと思います。ただし、歯医者さんに行かないといけないのに、一歩踏み出せない方も多いのが事実です。その理由のほとんどが、「虫歯の治療は痛いから」「治療のときの音が苦手だから」「治療をおこなう器械の感触がきらいだから」などが挙げられます。

しかし、歯の痛みが続くことへの辛さを考えて、やむを得ず、治療に来られます。そこで、みどりの森デンタルクリニック高座渋谷では、下記の3つを前提に、治療をおこなっております。

  • 可能な限り、「削らない・抜かない」治療をおこなう
  • 治療のメリット・デメリットを説明
  • 進行した虫歯には、歯の根っこからの根本的な治療を実施

自分の歯をできるだけ削らず、かつ、できるだけ痛み無い治療を行うことで、患者様の不安を取り除き、安心して歯医者さんに通いやすいよう、努めております。

お子様も、お母さんと一緒に安心して治療できます。

図1

 

大人の方でも歯医者さんが苦手な方が多い中、お子さまは大人が思っている以上に歯医者さんを怖いと思っています。白衣の先生の前で、さらに治療を行う器械、音で恐怖を感じてしまうと思います。お子さまのほとんどが(特に小さいお子さま)泣いてしまう、という光景もよく見られていると思います。

みどりの森デンタルクリニック高座渋谷では、お母さんと一緒に不安なく治療できる環境を整えております。お母さんの膝の上で、一緒に治療を行うことで、お子さまの不安はかなり軽減できます。また、少しでも安心して治療ができるよう、モニター上でアニメなどがご覧いただけます。お子さまが安心して過ごせる設備が充実しております。

充実した設備で、虫歯治療を行います。

図2

歯医者さんは、虫歯を削って詰め物として終了、と思われている方がほとんどだと思います。実際に、歯医者さんのほとんどが虫歯の箇所を確認して、削って、詰め物をして終わりというところが多いのが実情です。患者さん自身が口腔内の確認をするときは、歯科医師の方に説明を受けながら鏡で指示を受けた場所を確認するということがほとんどです。どういう状況になっているかは目視しづらい状況です。では、鏡を使わずに口腔内を見ることができたら?と思ったことはありませんか?みどりの森デンタルクリニック高座渋谷では、マイクロスコープ(歯を拡大してチェックできる高性能顕微鏡)を用いて、口腔内の確認後、その映像をモニターで患者さんもチェックできるようになっております。歯科医師による、映像を基にご説明させていただきます。

また、歯の内部構造は、小さな神経や血管など非常に複雑なため、患部が見えづらいことが多くあります。目視のみでのチェックですとこういった箇所を見逃す恐れがあります。患者さんの歯を残すためには根管治療が重要となってきます。この根管治療は一般的な歯科治療以上に精密な作業が必要となるため、このようなマイクロスコープによって、より確実な治療をおこなっていきます。

toiawase

ページ上部へ戻る