歯科の医療費控除について

23

67

 

 

医療費控除とは、自分や家族のかかった医療費の一部を所得税から控除することです。治療にかかった費用が年間10万円以上となった場合に、所得税の一部が戻ってきます。

期間は、毎年1月1日から12月31日までの分となり、その期間に支払ったものは、翌年の3月15日までに申告することで、医療費控除が受けられ、税金が還付もしくは軽減されます。
(年間の支払った医療費が10万円未満の場合は、対象となりません。)

控除金額について

控除額は、下記の計算式になります。

医療費控除の対象となる医療費について

・診療費用、治療費用
・医薬品購入費用
・入通院における交通費
・その他

還付を受けるための必要書類について

・確定申告書(給与所得者については源泉徴収票)
・領収書
・印鑑、通帳

ご不明な点は、各地域の税務署へお問い合わせください。

ページ上部へ戻る