CT外来

ct

3次元撮影できる歯科用CTで確実な治療を

歯科を受診した際、「思わぬ場所に、むし歯があると知らされて驚いた」という経験はありませんか?

歯科の病気は患者さんの目で見て発見できたり、痛みを感じて気が付くものばかりではありません。むしろ、痛みを感じないまま、隠れたところや見えないところで、気づかないうちに病状が深刻化してしまうケースの方が問題は大きいのです。

そこで歯科医院では、一般的に見えないところを把握するために「レントゲン撮影(エックス線検査)」を行います。代表的なものとして、パノラマX線写真やデンタルX線写真がありますが、これらの装置は2次元的画像であるため、影に入ってしまう部分(表と裏のような関係の部分)は画像が重なってしまい、診査・診断に限界がありました。

みどりの森デンタルクリニックでは、
精密検査機器として「歯科専用のCT」を導入しております。
※CTは町田のみ設置 

この歯科用CTにより、3次元(水平・垂直・奥行)での撮影が可能となり、見たい断面を自在に表示しながら、今までのレントゲン撮影では、十分ではなかった事項についても、
より詳細かつ正確に診断することが可能となっております。

歯科用CTで撮影を行うメリット

●見えにくい、わかりにくい部分を具体的に診査・診断。難度の高い治療も可能に!

歯科用CTで撮影を行うと、歯の内部、骨の中など見えないところまで、きちんと把握できるので、正確で必要最小限の治療が実現できます。
また、さまざまな角度から病気の進行を立体画像で確認できるので、
患者さんご自身にも病状を把握していただきながら治療を進めることが可能になりました。

●治療時間&費用の短縮&削減により、患者さんの負担軽減にもつながる

CTを完備していない歯科医院では、大学病院・提携クリニックでの撮影が必要なため、
撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要になる場合があります。
当院はCTを町田院に配置しておりますので、撮影や診断が速やかに行えるだけでなく、他病院への紹介状料や撮影依頼料が不要な分、患者さんの負担費用も低コストに抑えることができます。
※CT撮影は保険外となりますが、正確な治療計画を立てるために役立てておりますので、ご希望の方は、スタッフにお声掛けください。CT撮影は町田院にて行います。気になることがある、CTを撮影して確認したい場合はスタッフにお声がけください。ご案内させていただきます。

歯科用CTで撮影を行うメリット

さまざまな治療にCT撮影が活躍しております!

【歯茎に埋まっている歯の診断】親知らずの抜歯が、より安全に!
【歯の形の診断】今まで発見できなかった微少な判別が可能
【歯の生えてくる方向の診断】矯正治療で完成具合を確認
【歯周病の診断】歯周病の進行具合が明確に
【インプラントの診断】コンピュータ上で骨を再現できる
【あごの骨の診断】顎関節症の診断と確認

上記以外にも様々なケースで、歯科用CTが活躍しております。

顎関節症について

「口が開けにくい」「顎(あご)を動かすと、顎の関節部や咀嚼筋などが痛む」といった症状でお悩みの方はいませんか?
これらは、顎関節症の症状です。

この顎関節症が発症してしまう原因としては、

・生まれつきの歯並びの悪さ
・被せ物の不適合
・噛み合わせへの考慮が不足した矯正治療
・ストレスや歯ぎしり

などが指摘されております。

噛み合わせは、実はとってもデリケートなもので、上の奥歯がわずか数十ミクロン低かっただけで、ひどい顎関節症に悩まされる患者さんもいらっしゃいます。
当院には、かみ合わせ治療の専門医が在籍しております。口の開閉やあごの動きに違和感を感じたら、ぜひ早めにご相談ください。

ページ上部へ戻る