酸蝕症に気をつけて!

images

こんにちは!神奈川県大和市・座間市、東京都町田市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニックの歯科衛生士 島村です。

 当院では、定期的にニュースレターを患者様にお配りしています。今回のニュースレターでは酸蝕症を取り上げました。 みなさん「酸蝕症」という言葉をご存知でしょうか?

酸蝕症とは、食べ物や飲み物の酸で歯が溶けてしまうことをさします。

 口に入れて酸っぱいと感じる食べ物や飲み物は、pHが低く酸性です。皆さんが普段口にしている食べ物や飲み物にもpHが低いものはたくさんあります。

これからの季節美味しくなるみかんや伊予柑などの柑橘系の果物や、ビール・コーラ・酎ハイなどの炭酸飲料。この季節お鍋でよく使うポン酢やサラダにかけるドレッシングなども酸性の飲食物なのです。結構酸性の飲食物って多いんですよ。

こういった食べ物や飲み物をダラダラととり続けてしまうと、歯の表面のエナメル質が溶かされ、穴が開いてしまいます。

 実は私、柑橘系の果物が大好き!朝食の時にはグレープフルーツを子供の頃から食べています。そしてだいぶ大人になった現在(笑)、患者さんに作り方を教わって梅干し作りを始めました。なので、酸性の食べものを摂る機会が多かったりします。 

 imagesこの写真のように、後ろからライトをかざすと歯の先が透明に透けているところもあります。でも、もう2度と新しくなることはない私の歯。大事に一生使っていきたいので、摂取の仕方を気をつけるようにしました。あとは、定期的なメインテナンスでフッ素を塗ってもらったりしています。フッ素塗布というと子供がやるイメージがありますが、大人の歯の質を強くするのにも有効なんですよ! 患者さんの中にも梅干しが好きで、しばらく種を口の中に入れたままにしていたり、梅酢で割った焼酎を飲んでいる方がいらっしゃいましたので、酸蝕についてお話しさせていただきました。

 大事な歯を守って一生美味しく食事をしたいですね!

みどりの森デンタルクリニック

 

 

ページ上部へ戻る