失った歯の治療

9
重度の虫歯による抜歯や、歯周病、また不慮の事故が原因で歯を失ってしまうケースがあると思います。図らずも歯を失ってしまった時の選択肢としては、
「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つの治療方法があります。

インプラント

インプラントとは、チタン製の人工の歯根をあごの骨に埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。
このインプラントの最大のメリットは、”自分の歯と同じように食事ができ、自分の歯に近い見た目にすることができる”という点です。入れ歯では食べにくいようなものも、違和感なく、通常の歯に限りなく近い噛み心地を味合うことができます。
また隣接する歯を削らないので、ほかの歯への負担もありません。
見た目の美しさだけでなく、機能的にも優れた最新の治療法です。

>>「インプラント」について詳細はこちら

ブリッジ

ブリッジによる治療は、失ってしまった歯の両隣の歯を削り、その両隣の歯を支柱にして、
橋をかけるように被せ物を装着する治療法です。

このブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、ものを食べる際の違和感がなく、美味しく食べることができます。

しかし、ブリッジは両隣の歯で支えますので、この支えている両隣の2本の歯にも負担がかかってきます。支える歯の周囲を削って被せ物をするので、健康な歯まで削らなければならないというデメリットもあります。

入れ歯

入れ歯は、一般的にもっともよく知られ、昔から広く用いられてきた治療方法です。
一般的に歯が抜けてしまい、ブリッジ、インプラントでは対応できない場合には、この治療方法が用いられます。
取り外して清掃することができますので、清掃性は高いですが、
バネで両隣の歯に止めるため不安定で、噛む力は弱くなり、硬いものが噛めなくなるといったデメリットがあります。
また、入れ歯を入れた時に異物感があり、慣れるまでに時間がかかる方もいます。
歯にかけるバネの部分が、笑うと見えてしまうこともあり、見た目も美しいとは言えません。
最近では、技工の進歩で異物感が軽減できるようになってきました。多様な材料で作成することが可能ですので、スタッフにご相談ください。

>>「入れ歯」について詳細はこちら

ページ上部へ戻る