「口腔内の衛生について」 神奈川県大和市・座間市・東京都町田市の予防歯科みどりの森デンタルクリニック 歯科医師 椋本

皆さん、こんにちは。神奈川県大和市・座間市・東京都町田市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック 歯科医師の椋本です。

まず初めに、みどりの森デンタルクリニックに受診され、担当させて頂いている患者さんに、

怪我の療養の為長期に渡りお休みしてしまいご迷惑とご心配をお掛けしました。

ゴールデンウィーク明けから診療に復帰しますので、宜しくお願いします。

 

上記の通り怪我をして1カ月程整形外科病院に入院をしていたのですが、その時に感じた事を書きたいと思います。

整形外科病院なので、手や足に限らず体の何処かの部分を怪我皆してしまい不自由な思いをされている方が多かったのですが、殆どの人が全介護では無く部分的介護でした。

つまり、手助けがあれば大体の事は出来ると言う状態です。

そんな方達が多い中、あまり歯磨きをする人がいないなと思いました。

病院ですので朝・昼・夕と食事が出ますが、ご飯の後で共同の洗面台で会う人はごく限られた同じ人でした。

職業柄気になってしまい、同じ部屋の他の人達や違う部屋の人達はどうしているのかな?と見ていたのですが、全介護の人や両手が不自由な人は看護婦さんや介護士さんに磨いて貰っていました。その他の方は足が悪くて洗面所まで行けなくてベッドの上で磨いている人もいれば、

残念ながら動けるのに歯磨きをしないという方もいました。

そういう方達を見るとまだまだ歯磨きと言うか、口腔内の衛生管理の重要性が理解されていないんだなと思いました。

歯磨きと言うと、食事の後に磨いて食べカスを洗い流す様に思われがちなのかも知れませんが、それだけでなく口の中に潜んでいるあらゆる菌を洗い流してくれ消毒してくれます。

ですので、インフルエンザや他の感染症(ノロウィルス)等の感染予防にも効果があるのです。

ですので、普段の生活はもちろん、入院中で身体が弱っている方や、最近ですと地震に被災され避難所等に身を寄せている方達には是非とも知ってて頂き、出来る限り口腔内の衛生を保って頂きたいなと思いました。

ページ上部へ戻る