「ありがとう乳歯」神奈川県大和市座間市・東京都町田市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック歯科衛生士島村

img-shiage2

こんにちは!神奈川県大和市座間市・東京都町田市の予防歯科 みどりの森デンタルクリニック歯科衛生士の島村です。

 

寒くなったり暖かくなったりを繰り返しながら、ちょっとづつ春になってきていますね。

春といえば卒業シーズンですね。卒業ソング、皆さんはどんな曲を思い出しますか?

 私は斉藤由貴の「卒業」やおニャン子クラブの「じゃあね!」・・・って年齢が完全にバレますね笑

 そんな私の息子もこの春小学校を卒業します。いつも私の後をくっついて歩いてきた小さな男の子が、どんどん大きくなって近頃では生意気なことを言ったりもしています。成長ってやつですね。

 

その成長に伴って、つい先日最後の乳歯が抜けました。

私は職業柄、子供の歯を1本も虫歯にしたくありませんでした。なので歯が1本生えた頃から、鬼の形相で歯を磨き始め、小6になったいまでこそ毎日はしていませんが、たまに仕上げをしています。img-shiage2

その日々の仕上げ磨きをしていてグラグラの乳歯を見つけると、糸を巻いてポン!と抜きたくなるのです。何本かそんな風に抜いていたら息子から「自然に抜けるを待ちたい!!」とクレームが入ったことがありました。今では懐かしく思います。

 抜けた(抜いた)歯は全て専用のケースにとっておいています。1つも虫歯になっていない歯を眺めるとなんとも誇らしい気持ちになります。最後に抜けた(抜いた)歯もきちんと納めました。

 

 中学生になればきっと私が仕上げすることもなくなるでしょう。仕上げを通して息子とコミュニケーションを取れたので、乳歯くんたちには感謝です!
子育て中のお母さん達へ・・・仕上げ磨きって面倒ですが、その手間がきっとお子さんの歯を守ります。小学校に入ったら仕上げを止めてしまう方も多いのですが、虫歯のリスクが高くなるのは小学校に入ってからですよお〜。お子さんが素直にお口を開けてくれるなら何歳でも仕上げを続けてくださいね!!

ページ上部へ戻る